水道私設管

昭和40年代後半に開発された分譲地。
道路は北九州市道ですが、その地中にある水道管が
開発業者の私管のままです。

水道局に確認すると、当然の事ながら維持管理は行っていませんの返答。
ただし、漏水等の応急的な工事はやりますとの事。

当座はしのげますが、長期的にみると無償譲渡が良いのですが
受け入れ基準などがありますが、出来れば良いな。

スポンサーサイト

防犯灯

電線地中化に伴い、電信柱が無くなったのは良いんですが、
w-1106 (2)

防犯灯も無くなってしまいました。

すぐ横に国交省管轄の電柱が消灯中です。
Y-1214 (1)

国道事務所へ経緯を話すと区役所と相談しますとの返事。

2か月たっても音沙汰なし。
今日、区役所へ行く機会があったので担当課へ行くと
「そんな話は来ていません」

区役所から国道事務所へ連絡してもらうと
「国道沿いで交通量も多く明るいので今まで通りに」の返事。

周囲に10本、国交省管轄のがあり、消灯中はこの一本のみ。

町内の防犯灯を付けていたのは確かにココだけですが、
周辺は店舗・事務所ばかりの中、住宅が2軒奥まってあるので
つけていたのに・・・何でこの横だけが消灯中?

もう一度上司に相談しますで話はおわり。

裏道に比べれば明るいのは確かです。

周囲が一本置きに消灯中なら分かりますが
何で町内防犯灯の横だけが

   「節電による消灯中」

チョット変だと思いません?

物件資料

いつも写真つきの詳しい資料を
提供してくださるK社さま。

なんと今回は各室の写真と
間取がついたDVDまでがあります。
Y-1102 (9)

資料作成の手間暇を思うと
頭がさがると同時にありがとうございます。



売地

母親からの相続時に大変な
苦労をされたNさん。

元気なうちに次の世代へスムーズな相続が
出来るよう整理したいとのことで現地確認へ。

市街化区域ですが畑、
X-0709 (1)

w-004.jpg

市道ですが道路幅は3m前後、
建築基準法では否道路判定です。

さらに地積は1,000㎡超なので開発。

時間がかかりそうですが、やりがいのある仕事です。

単位

昭和30年代の測量図
X-0310 (1)

記入されている数字と広さの
関係がどうにも合いません。
X-0310 (2)
268平米 を 2分の1 で 134坪

算数はもともと苦手ではありましたが・・・
専門家に尋ねると、その頃までは

メートルではなく間が単位だったこともあるそうで・・・
なるほど、間*間=坪  それで2分の1

納得です。
プロフィール

ありがとう不動産

Author:ありがとう不動産
北九州市小倉北区の不動産賃貸仲介専門店「ありがとう不動産」です。日々の出来事を何の脈絡もなく書いています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる